第1回中野区検定が行われました!ものしり博士7人誕生

実施結果 成 績 発 表!  最高得点は96点 でした!

11月16060-14日(日)、産業振興センターで開催された第1回中野区検定には66名の受検者がありました。永見会長の開会の挨拶があり午前10時過ぎから検定が始まりました。

開始前は、初めての事業にチャレンジということもあって受検者の皆さんに多少の緊張感が漂っておりましたが、遅刻者もなく1時間の検定に集中されたあとは、多くの笑顔や設問の話題が飛び交っておりました。受検者の多くが中野区民の方々であったこともあり、見知った顔と顔が挨拶を交わすなど柔らかな雰囲気の中で検定は終了、受検者の皆さんの成績は、11月28日にダイレクトメールでご通知いたしました。

1月15日には、1級、2級の好成績を修められた7名の方々に「中野区ものしり博士号」の贈呈式を行いました。
後援をいただいた中野区と中野区教育委員会からは田中区長と田辺教育長、中野区議会からは伊東議長にご出席いただき、それぞれに今後の検定の充実・発展、ものしり博士の皆さんのさまざまな分野における活躍を期待する旨のお話をいただきました。中野の星 ・・ものしり博士に関する新しいページ、現在準備中です⇒  仮)ものしり博士コーナー (この項1月27日記載)

《 第1回中野区検定受検者66名の成績は次のとおりでした 》

* 出題数50問、1問2点で採点しています

     認 定 基 準   人 数 
 1 級    90点以上  3人
 2 級    80点以上 88点以下  4人
 3 級    70点以上 78点以下  10人
 4 級    60点以上 68点以下  16人
 5 級    50点以上 58点以下  18人
 6 級    40点以上 48点以下  10人
 7 級    30点以上 38点以下  3人
 8 級    28点以下  2人
   平均得点  59.63点 ( 受検者 66人)

「 第1回 中 野 区 検 定 」 を振り返って

中野区検定事業企画委員会座長・理事 森本  晴生

中野区教育振興会が財団法人から公益財団法人に変わったときに、中野区で検定試験をしてみたらどうかということが理事会や評議員会で話題になりました。そして、検定事業の準備を重ね、平成26年度の事業計画に「中野区検定事業」を加え、このほど第1回中野区検定を実施しました。

ほかの地域でも検定試験を実施している例はいくつもありますが、どちらかというと観光地で行われています。検定試験は中野区に関することのうち、歴史、地理、文化を中心に第1回の問題の準備を進めました。区内の特定の地域に偏らないような、また、調べれば分かるようなことについての問題としました。問題の案は、中野区教育振興会の役員、評議員にお願いして集め、その中から50題を選びました。

実績がない事業なので、問題の難易度を見積もることができませんでしたが、結果としては、ほどほどの難易度になったようです。何十年ぶりに試験を受けられた方から、30分経過したところで退出された方まで、中野区に関心がある方々にお集まりいただき、感謝しております。皆様のご協力に御礼申し上げます。166c