中野区教育振興会会報 令和5年度7月号

令和5年度7月号(210)を発行いたしました。内容は以下の通りです。 

第1面:令和4年度事業報告及び決算確定
第2面:第10回中野区検定実施速報。第9回中野検定問題(抜粋)。春の叙勲報告
第3面:「わたしたちの学校文化」宝仙学園中学校・高等学校 校長 富士晴英 寄稿文                              
第4面:区内史跡めぐり実施報告。史跡めぐり参加者募集、寄付者紹介

詳細はPDFファイルにて公開しております。

PDFファイルへのリンクは別タブもしくは別ウィンドウにて開きます。

第1面へPDFファイルへリンク

第2面へPDFファイルへリンク

第3面へPDFファイルへリンク

第2面へPDFファイルへリンク

中野区検定10周年記念シンポジウム実施報告

6月11日(日)中野サンプラザ7階研修室⑩にて午後2時より開催しました。加藤拓磨教育振興会副会長より、中野サンプラザの歴史として、開館式の動画等を使用し説明があり。田中角栄も出席していました。解体後は、駅周辺のまちづくりの中で、高さ260mを超える建物になり、この場所より西側には高層建築の計画は無く富士山の眺望は素晴らしいものになるだろうとのこと。また、現在のサンプラザが2000人収容のところ7000人収容の会場になるなどお話がありました。

続いてはパネルディスカッションです。議題としては①中野区検定の今後②「ものしり博士」の人財活用について話し合いを行いました。

① 中野区検定の今後では、何回もものしり博士になっている人には名誉ものしり博士の名称贈与、若年層への拡大が必要では、問題の出題について過去問の出題比率を上げてほしい、若者が興味を持てる問題を、何かのイベントで〇✖形式の問題で実施してみては、など。

② 「ものしり博士」の人財活用についてでは、まち案内などで案内役としての活用、小学校3年では中野の副読本で勉強しているのでこの様な場所にものしり博士が先生役として話をしに行く、観光協会では「聖地まち歩きマップ」などの作成も考えているのでものしり博士に協力してもらうなどの意見が出ました。

式次第と当日のパネリストのプロフィールは次のPDFをクリックしてください

  ・  

パネリストのプロフィール1プロフィール2

中野区検定10周年記念シンポジウム開催

こんにちは!ものしり博士&さよなら!中野サンプラザと題してパネルディスカッションを実施します。

場 所 中野サンプラザ 

    7階 研修室⑩(区役所側のエレベーターです)

    中野区中野4-1-1

開催日 2023年6月11日(日曜日)

時 間 14:00~16:00

    (受付開始13:30)

入場無料(お土産付き)

QRコードからの申し込みはシンポジウムチラシをクリックしてください。

申し込みは電話でも大丈夫です。03-3228-5544

令和4年度第2回史跡めぐり(区内)実施報告。

令和5年3月27日(月)午後1時30分から午後4時まで参加者20名のうち1名欠席のため19名の参加者で実施しました。

見学先は、成願寺(旧防空壕)、象小屋跡、宝仙寺(歴代住職・堀江家のお墓、中野町役場跡の石碑等)、山政醤油レンガ塀、慈眼寺(パゴダ)の5か所を回りました。

令和4年史跡めぐり実施報告PDFデータへのリンク

中野区教育振興会会報 令和5年度4月号

令和5年度4月号(209)を発行いたしました。内容は以下の通りです。

第1面:令和5年度会長挨拶。令和5年度事業予定。
第2面:令和5年度事業計画及び収支予算決定。ものしり博士認定授与式。
第3面:奨学生(在学生)近況報告                              
第4面:維持会員募集。中学生ボランティア表彰。令和5年度奨学生採用。寄附者紹介。 

詳細はPDFファイルで公開しています。

PDFファイルへのリンクは別タブもしくは別ウィンドウにて開きます。

PDFファイル